冷凍庫を活用する西原良三さん

冷蔵庫にある冷凍庫。誰もが使っている場所です。ですがただ冷凍するものを入れるだけになっていないでしょうか。
西原良三さんは冷凍庫を活用し、節約や時短に使っています。便利な生活や節約をするには冷凍庫が鍵です。では西原良三さんは冷凍庫をどうやって活用してるのでしょうか。

西原良三さんは普段から使用頻度の高い肉類や、余った食材を冷凍庫に入れて保存しています。冷蔵庫よりも保存が聞くのが便利です。
西原良三さんは色んな料理に使える鳥肉類は安い日に買っておいて、その日に使わない分は冷凍しています。そうすることでしっかりと節約しています。
冷凍庫に食材を入れる際は、透明なビニール袋を使用しています。中身が何か分かりやすくすれば把握しやすくなります。
冷凍庫に入れる際には、西原良三さんは食材をカットして小分けにして保存しています。そうしておけば取り出し易く、調理の手間も省けます。時間のあるうちに一手間加えて保存しているのが西原良三さんです。

ご飯を炊く際、西原良三さんは多目に炊きます。食べなかった分は冷ました後、こちらも小分けにして冷凍ご飯にします。冷凍ご飯ならば一から炊かなくても良い上に、解凍している間に他の事も出来ます。時短にぴったりなのが冷凍ご飯です。

冷凍庫は沢山ものを入れることで、それぞれが保冷剤の役割をします。そのため西原良三さんは隙間なく冷凍庫に食材を入れています。さらに上手に入れるために、100円ショップで売っているブックエンドなども利用しています。そうすることでより綺麗に冷凍庫の中を整理しています。
冷凍食品はトレーが入っているものもあります。西原良三さんはかさばるのでそのトレーを外しコンパクトにしてから冷凍庫に入れています。

毎日使い、便利なのが冷凍庫です。使い方を意識することで、より便利で楽な暮らしが出来ます。西原良三さんの冷凍庫の活用法を行い、今よりも節約したり時短が出来る便利な暮らしを送ってみてはいかがでしょうか。毎日を冷凍庫を使って快適に過ごしましょう。